例会報告

■第414回例会

3月20日(水)

卓話者 西尾彰泰氏 (ゲスト卓話)

岐阜大学医学部准教授

テーマ【国際精神保健の現状と今後の展開】

ビジター

早川和男さん 名古屋東山ロータリークラブ

ゲスト

小貝葵さん

川口小百合さん

理事会18:45-19:15

会場 豊島ビル 3階ガバナー事務所 会議室

時間 19時半〜20時半

出席率 22名中休会4名、18人中9名出席

50パーセント

会長挨拶 宮崎和余

本日職業奉仕委員会の職場見学として、航空自衛隊岐阜基地の見学をしました。今日一日みなさんと午前中から一緒におります。

基地の歴史から始まりF-2の見学まで大変勉強になりました。委員長の岸さんの働きかけで、離陸する瞬間を見学することができ貴重な経験となりました。

幹事報告

●次回の例会は4月3日 会員卓話 池谷悟さんです。テーマ:学友会とは

●ニコボックス 8件9000円

●ポリオプラス基金寄付にご協力いただいた会員さんありがとうございます。

卓話者 西尾彰泰氏 (ゲスト卓話)

岐阜大学医学部准教授

テーマ【国際精神保健の現状と今後の展開】

国際保険

最初はみんなの寿命を延ばすことが目的から、今は精神医療が注目されている。

メンタルのガイドラインは多々あるが、全然使用されていない。

Gabon. Africaでの精神医療の状態。

病院でスト。医者じゃないのに、院長になれるような妙な国。貧しい家が多い。

アフリカでは精神病は悪魔と思われている。呪いだと思い悪魔祓いをする。

カンボジアを例にあげます。

精神科の外来がある病院はたったの4州しかない。

シェムリアップは特別で、海外からの援助が集まるため精神病棟は充実している。

中国・韓国からの若手の医者も多く働いている

カンボジアは汚職が多い。

150人分の薬なのに100の薬しか届かないなど。

世帯の貧しさを表した図。

★スライド参照

役人、村長が集まり、家の屋根の素材(トタン、バナナの葉など)を見て回る。ラジオ、モバイル、バッテリーを持っているか。

家畜、自転車、バイクの所持。

米をとなりから借りたことがあるかの有無。

借りたことがあるとかなり貧しいと区別。

しかし、貧しい人はタダという経営は破綻した。隣国タイで出稼ぎに行くと稼ぐことができるが、タイで病気になると急に破綻する。

Q.なぜ途上国においてメンタルヘルスは無視されているのか?

・精神科医が少ない。

・国際機関や外国による精神保健プロジェクトが少ない

その理由は、医者の給料が低い。月3万円

プロジェクトを評価する指標が存在しない。

→では、指標を作ろう!4つの指標。

★スライド参照