出席率 22名の会員(休会4名)18名中10名出席55.55%

2019年3月13日(水)

卓話者 会員卓話

桂川将典さん 北名古屋市議会議員

テーマ【民主主義とは何か】

まず投票率について、20代の投票率は年代別に見て一番低い。年代順に投票率は上がり、60代の投票率が高い。しかし、70代以上になると投票に行けず投票率が下がる。

この投票率は、民主主義として最大の課題 。

『政治への無関心は最も大なる悪風である。

(イギリスの政治家:ジェームスブライス)』

1948年に、民主主義の文部省著作教科書を2年間使用していた。国民が政治を自分の仕事と思わなければならないと書かれていた。

地域住民の福祉向上

議会として住民利益を考えていかなければならない。

地域は老朽化したりすると、同じルールでは循環しない。町内会費を集めたり、回覧板を回すなどのルールもうまくいかない。

反省性 包括性

できるだけ多くの人の意見を取り入れることが大切。投票で多数決で決めるのは民主主義ではない。投票していない人もいるため、投票結果が全てはない。投票結果を鵜呑みにしてはならない。

Q .Amazon使ってますか?

議会では使っていない人がいる。市民生活で当たり前になっていることが議会に取り入れられるのが遅い。

議会と市民生活とのギャップがある。

データべース化になっていない。リモートワークができない。

世界最先端の国はエストニア

日本では、2009年から2019年にかけてスマートフォンの普及が劇的に上がった。

しかし、ネット上に偏りすぎても良くない。

選択して一部の記事しかみないと、極端な情報になる。

議員の役割とは

行政経営の改革。未来の住民の幸福のプロデューサー!誰を助けるか。子どもたちか、お年寄りか。

しかし全員に平等にメリットのある改革はない。時代に沿った改革で目的を絞って考えることが大切。