【 第400回例会2018年8月22(水)】
会長・幹事懇談会の報告です。

村井聰一郎ガバナー(豊橋RC)
佐々木利政地区幹事(豊橋RC)

会長幹事懇談会
18:30-19:10

●は会長&幹事の回答です。

Qクラブ計画書の見直しをお願いします。
予算書、RI会長挨拶、本年度テーマ、会長挨拶
村井さん:他クラブの計画書を一度参考にしてみてください。
佐々木さん:似ている大さのクラブを参考にすると良いです。
●改善して、足りない項目を差し込みます。

Q会員増強の仕方はどのようにしていますか?
●会員それぞれが声をかけて、例会を見学してもらうなどしております。
佐々木さん:職業分類から会員を探すのも手段のひとつです。
村井さん:同じ業種が重なるともめる場合もあるので、そこをよく配慮して会員を探してください。

Q職業奉仕委員会の職場訪問はどのような計画ですか?
●他クラブと合同で考えています。
職業訪問を委員会で企画中です。

Qクラブの例会数を2回に変更されましたが、その効果はどのような効果がありましたか。
●出席率の向上を期待しましたが、以前と変わらず参加する会員は参加して、欠席する会員さんは欠席のままです。
村井さん:例会数を固定を2回にして、例会変更しない方が良いです。一回休むと1ヶ月も間があいてしまうので、例会数は元に戻すことも考えてみてください。

Q分区内交流について
●他クラブの推薦例会を会員に伝え、一緒に参加するよう呼びかけています。

Qマイロータリーの登録状況について
村井さん:半分程度の登録になっていますので、ぜひ登録数を増やしてください。
佐々木さん:登録することで、世界のロータリーのニュースなどよく知ることができます。

Qインスピレーションになろう!について、会長の考えを聞かせてください。
●インスピレーションは芸術の分野では、もっとも大切な《霊感》という意味があります。そしてもうひとつ《呼吸》という意味でもあります。
演奏する上でテクニックはとても大切です。しかし、技術的をいくら磨いても、心と呼吸が整わなければうまく音を出すことはできません。
人前に立った時に、練習と違ってしまうのはこのインスピレーションが関連しています。
呼吸するということは、音の魂に活力を与えるということです。ロータリーで考えると、熱意ある思考&行動がクラブに活気を与えます。
自身が原動力となりましょう。その考えをもとに、クラブテーマはTry to change 変化に挑もう!としました。変化を恐れずに行動を起こして、クラブをより良い環境にしたいと思います。