【 2018年4月14日の講演会事業の打ち合わせ】
日時 12月15日(金)18時~19:30
場所 豊島ビル3階会議室(例会場)

講演名『つなごう 被災から学ぶこと』
今回の講演は、地震災害の被害者を1人でも少なくするための活動です。そのために一軒一軒の被災状況を予測できるハザードマップをあらかじめ確認してもらい、対策をどのように取るべきかを伝えます。

打ち合わせ内容
・集客
⓵12月中に案内をし、地区委員会経由で各クラブへ卓話の依頼をお願いする。
②名古屋市官公庁
③愛知県(ガバナーに相談)
④防災局
⑤マスコミ・TV・新聞 など

・資金計画
講演料の交渉
経費の無駄を考える(ステージ上の花・小冊子を渡すときの封筒など)

・当日の役割分担
会場設営  10名
受付    4名 
会場案内  3名
音響・照明 2名
司会・タイムキーパー 1名

・チラシ、小冊子の作成
題名が一般受けしない、わかりにくい。
レイアウトの問題の修正

『NPOのDRRネットワークつなぐ』の代表者の水戸部茂樹理事も参加されました。団体の活動紹介は当日に水戸部理事から伺いました。
『この法人は、東日本大震災などの過去の災害の教訓を活かすと共に、起こりうる災害に対して減災・防災のための様々な事業を行い、人口減少と少子高齢化の急速な進行が現実のものとなる今日、安心して暮らせる地域社会の実現に寄与することを目的とする。』