【第378回例会 2017年9月27日(水)】
■司会 桂川将典(幹事) 
■斉唱 ロータリーソング「奉仕の理想」 
■出席状況 
会員24名中 (名誉会員は除く)休会4名会員数20名中10名出席(出席率60%)
前々回修正出席率 9月13日65%(9月27日現在)

■ビジター・ゲストの紹介:
北名古屋市図書館長兼歴史民俗資料館館長の市橋芳則さん(ゲスト)
岸洋行さん(ゲスト)

■会長挨拶 池谷悟さん(会長):新しい会員さん、毎回例会ではロータリーソングを歌い4つのテストを唱和します。歌はゆっくりでいいので覚えてくださいね。4つのテストは自分の仕事をする上でも拠り所となるものですので大事にしてください。先日、ロータリーで奨学金を受けて海外留学された方の帰国報告会に参加しました。3人の方のそれぞれの報告を聞いて、いつか必ず世界の役に立つ人への支援をさせてもらっていることが実感でき、嬉しく思いました。皆さんとこの気持ちをシェアしたく、その話をしました。 また機会があれば、そんな方々のお話を聞く機会を作りたいです。

■幹事報告&例会案内 桂川さん(幹事)・次回の例会は10月4日です。

■ニコボックス 担当;髙須洋志さん(プログラム奉仕委員長)
岸洋行さん;先週、老人福祉施設の開所見学をしてきました。人口減の中2042年をピークに75才以上(1971年~1974年生)の人口がピークになるそうです。近況でした。

池谷悟会長:本日は市橋さんのお話を楽しみにしております。ご来訪ありがとうございました。

髙橋一吉さん;高校の同級生が喉頭がんで65才で亡くなりました。皆さん早期発見のためくれぐれもご注意を。

伊藤正樹さん;本日宝くじが少し当たりました。そのお金でまた宝くじを買いました。目指せ「わらしべ長者」

川口 豊さん;昨日めでたく67才になりました。

橋本和佳さん;市橋様、祖父が熊之庄出身なので楽しみです。よろしくお願いします。

寺澤さん よろしくお願います。

髙須洋志さん;本日クラブ奉仕委員会を無事開催することができました。ご出席の委員の方に感謝申し上げます。

宮崎和余さん 昨日コンサートを終えました。クラブの方も聴きに来て頂きとても嬉しかったです。ありがとうございました。

■本日の例会
卓話者;北名古屋市図書館長兼歴史民俗資料館館長
市橋芳則(いちはしよしのり)さん
テーマ 【懐古することは効か罪か】
平成3年ごろ、全国の歴史民俗資料館は農機具や養蚕具を集めて溢れかえっていたが、そこに閉塞感があった。しかし予算はない。地域の生活を見ると、昭和の家具、本、道具などはどんどんと捨てている⇒これだ。⇒昭和のものをどんどん集めていった。そうしてできたのが昭和日常博物館です。現実には、捨てられるべき消耗品、廃品と紙一重の存在ですが、一点一点が積み重なり時代を象徴する一群となったとき、かけがえのない文化財として認知することができると確信しています。昭和日常博物館の基本はこの点にあり、様々な展示会はその手段となっています。実際にこんな細かいものまで集めている。樟脳の防虫剤が入っていた空になったセロファンでさえ、昔のことを思い出として引き出してくるのに大事なもの。昭和時代をテーマとした展示会を展開し資料の収集・保存にあたり、平成9年には、「日常が博物館入りする時」と題した特別展でフロアー全体を昭和30年代の資料で構成し、同時に「昭和日常博物館」と呼ばれるようになりました。

昭和時代の展示=今生きている人々の記憶の展示  昭和日常博物館と回想法の取り組み;地域回想法とは昭和時代を展示や収集の対象として扱うことは、今を生きる人の多くが知り、実体験のあるものを資料として扱うことになります。来館者が発する言葉は、自らの経験、記憶に基づいています。言い換えれば、資料館が多くの方々の記憶をも大切な情報として扱うということになります。

・昔懐かし生活用具などを用いてかつて経験したことを楽しみながら皆で語り合う。

・健康増進→交流・世代を超えた交流→地域づくり高齢者の顔に笑顔が灯る。

本館の展示会場では、自然多発的に記憶が掘り起こされ、来館者の笑顔を引き出しています。 特に、特別養護老人ホームやデイサービスなど、高齢者関連施設からの見学も相次ぎ、引率者される方々は「高齢者が、普段とは異なった生き生きとした表情を見せている」と喜んでみえます。

【回想法の効果検証】いきいき隊の活動などに参加していただいたり、子ども達に昔のこと道具の使い方を教えたり。回想法で繋がった高齢者の交流が続いています。博物館は生涯学習だけでなく、様々な分野での活躍ができる。

北名古屋市では記憶、思い出というものを様々な事業の中に取り入れているが、これは回想法の取り組みを続けてきたことによる成果だと思う。昨年、車13台とバイク16台のご寄付をいただき駐車スペースに展示しております。みなさん、ぜひ足を運んでください。
(記録;桂川幹事)