新年度に入って最初の例会、第373回の例会を開催しました。
◆出席者9名 出席率45%

クラブ会長方針及び重要課題について、池谷悟会長から説明を受けました。また新年度の活動について会員からの意見交換なども活発になされました。新入会員2名を迎えて楽しくなります!

クラブ会長テーマ CHANGE&CHALLENGE

【方 針】
本年度イアンH.S.ライズリー会長は、「ロータリー:変化をもたらす」というテーマを揚げ、「クラブのサポートと強化・人道的奉仕の重点化と増加・ロータリーの公共イメージと認知度の向上」を強調事項とされました。より良い世界という共通の目標に向けて、共に活動し、共に奉仕し、共に頑張る、ロータリーは一つのチームである、と述べています。

神野重行ガバナーは、地区方針を「今日からのロータリーを楽しもう!」と掲げられました。職業倫理を高め、基本理念を追求することに変わりはないが、第四次産業革命といわれる昨今、私たちの行動は時代と共に変化をさせるべきと話されています。

私たち中部名古屋みらいロータリークラブは、第2760地区における新世代クラブの筆頭として、諸先輩方が作られた大事な理念はそのままに、今までやらなかったこと、やれなかったことを率先してやっていく事を一年の目標としていきます。その為の親睦はとことん行い、クラブとしての結束を固め、CHANGE&CHALLENGEを行っていきます。単年度で終わりがちなクラブの運営を複数年の計画に落とし込み、継続的なクラブ運営を目指します。

メンバー皆さんの遠慮のない意見を頂きながら一年間を過ごしたく、よろしくお願い申し上げます。  
 
重要課題
1.一緒に学べる仲間を増やそう
2.奉仕活動に参加しよう
3.いつでも声を掛け合い、仲間の結束を固めよう